ロードバイクのタイヤの種類とそれぞれの特徴

ロードバイクのタイヤには、さまざまな種類があります。

タイヤを変えることによって大きく違いがでてきます。

今回は、ロードバイクのタイヤの種類それぞれの特徴について勉強していきましょう。

クリンチャータイヤ

ロードバイクのみならず、自転車において1番多いタイヤといえます。

クリンチャータイヤとは

いわゆるママチャリと同じで、チューブがタイヤに閉じ込められているタイヤです。

タイヤとチューブが分かれていることから、パンクをしても修理をするかチューブを変えることでパンク修理ができます。

クリンチャータイヤは最もポピュラーなタイヤのため、

市場に出回っているタイヤの数も多く、さまざまな種類があります。

ここで、クリンチャータイヤのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

クリンチャータイヤのメリット

・安価である。

・タイヤの種類が豊富である。

・対応ホイールが多い。

・パンク修理が容易であり低コストで修理ができる。

 

クリンチャータイヤのデメリット

・他のタイヤに比べて走行性能が悪い。

・チューブを含めて重量がある。

・低圧で走行すると段差などでリム打ちパンクしやすい。

チューブレスタイヤ

チューブレスタイヤとは

名前の通りチューブがなく、タイヤのみでリムにはめ込む構造になっています。

いわゆる自動車のタイヤと同じだと考えればいいでしょう。

歴史も浅く、使用している人はあまり多くありません。

しかし、チューブがないなことから、

タイヤとチューブのズレによる摩擦がないため、走行抵抗が少ないことが特徴です。

ここで、チューブレスタイヤのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

チューブレスタイヤのメリット

・走行性能が良い。

・パンクリスクが低い。

・チューブがないためチューブによるトラブルがない。

・チューブがないためリム打ちパンクはしにくい。

 

チューブレスタイヤのデメリット

・チューブレス用のホイールが必要。

・品数が少なめ。

・交換に少し手間がかかる。

・パンクするとタイヤごと交換の可能性がある。

チューブラータイヤ

競技用として、1番普及しているタイヤといえます。

チューブラータイヤとは

タイヤとチューブが縫い付けられて一体化している構造になっています。

そのため、専用の接着剤またはテープを使ってホイールに貼り付けます。

高い走行性能から、プロのロードレースなどでも多く使われています。

しかし、一般の道路でパンクをするととても厄介なのが現実です。

 

チューブラータイヤのメリット

・走行性能がとても良い。

・軽量で、高速走行に強い。

 

チューブラータイヤのデメリット

・チューブラー用のホイールが必要。

・高価である。

・パンク修理に手間がかかる。

パンクするとタイヤごと交換の可能性が高い。

ここまで、

・クリンチャータイヤ

・チューブレスタイヤ

・チューブラータイヤ

の3つを見てきました。

それぞれにメリットデメリットがあり、自分なりに使いやすさと用途に合ったものを使用しましょう。

 

今回は、ロードバイクのタイヤの種類とそれぞれの特徴について勉強しました。

タイヤは自転車の中で唯一地面に接するので、タイヤ選びに時間をかけてもいいかもしれませんね。

じっくりと考え、自分に合ったタイヤを使用しましょう。

次回は、もっと詳しくタイヤについて、タイヤの太さの違いと交換時期について勉強しましょう。

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です