ビンディングペダルのスピードプレイとは?

前回はビンディングについて

ペダルやシューズ、クリートについて勉強しました。

その中でも、ビンディングペダルのスピードプレイについて

今回は詳しく勉強していきましょう。

 

そもそもスピードプレイとはどんなものなのか?

上の画像のように、一般的なペダルとは大きく違います。

前回紹介した、シマノのビンディングペダルと比べても違いがわかりますね。

シマノのビンディングは、クリートをペダルにはめこむのですが、

スピードプレイは、ペダルをクリートにはめこむといったほうがいいでしょう。

そのため、クリートは大きく、ペダルは小さいため、

シマノのペダルと比べても、とてもコンパクトな形状となっています。

 

また、足裏からペダルシャフトまでの距離11.5ミリと、

他のどのメーカーのペダルよりも短いので、ペダリングパワーの伝達にとても優れています。

一見、ペダルが小さく、踏み面が狭いようにも思えますが、

シャフトまでの距離が短いということもあり、ペダルとシューズが一体化しているように感じれるでしょう。

そのため、より安定したペダリングを行えるでしょう。

そして、なんといっても見た目通りに軽く、

シマノの最高グレードのペダルである、

DURA-ACEのペダルが、228gであるのに対し、

スピードプレイの最高グレードのペダルである、

NANOGRAM ZERO(ナノグラム ゼロ)では、126gという軽さです。

 

しかし、気になるのはお値段ですよね。

DURA-ACEのペダルが、2万5千円ほどなのに対し、

NANOGRAM ZEROのペダルは、8万9千円という価格になっています。

しかし、NANOGRAM ZEROは一番高価なものであって、

いろいろとグレードがあります。

 

NANOGRAM ZEROの下のグレードの一つである、

ZERO(ゼロ)

このZEROの中にも、素材が3つあり、

クロモリ  216g ¥17,800(税抜)

ステンレス  206g ¥22,800(税抜)

チタン  164g ¥41,800(税抜)

となっています。

重さと価格はそれぞれ上の通りとなっています。

 

続いて、

ZERO PAVÉ(ゼロ パヴェ)

形が十字架になっており、面白い形状となっています。

素材は、ステンレスのみとなっており、

ステンレス  230g ¥35,800(税抜) 

重さ、価格は上の通りとなっています。

 

今回は、ビンディングペダルのスピードプレイについて勉強しました。

コンパクトで珍しいことから、見た目で購入を決断するサイクリストも少なくないようです。

 

しかし、見た目以上に優れた性能を持っており、ロードレースのプロ選手も多く使用しています。

これまで、シマノ、スピードプレイとビンディングペダルを紹介してきましたが、

さまざまなビンディングペダルを試し、自分に合ったビンディングを見つけましょう。

次回は、サイクリングのときには必須アイテムである、サングラスについて勉強していきましょう。

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、マサッチです。 ロードバイク歴6年、年間走行距離12,000km。 その結果、国民体育大会への出場を達成。 経験を生かし、自転車を少しでも好きになってもらえるようにこのサイトを立ち上げました。 自転車は奥深く、乗れば乗るほど自分を成長させてくれます。 ロードバイクが初めての人にもわかりやすく、寄り添っていくのがこのサイトの目標です。 このサイトと共によりよい自転車ライフを送りませんか!