ロードバイクの値段の差はなんなのか?

「あのロードバイクってなんであんなに高いの?」

なんて経験はありますよね?

見た目はそんなに変わらないのに、何万も、何十万も違う!

そんなことはよくあります。

そこで今回は、正直ロードバイクの値段の差ってなんなのか?について勉強していきましょう。

素材

まず一番値段に影響するものは、素材です。

ロードバイク本体(フレーム)をなにで作っているかで値段は大きく変わってきます。

素材の種類として、

クロモリアルミカーボン

この3つが主流でしょう。

その他にも、チタンやスチールなどもありますが、探すほうが難しいかもしれません。

値段の高い順番としては、

アルミ クロモリ カーボン

でしょう。

ロードバイクの一部がカーボンでロードバイク本体はアルミ、などの例外はありますが、この通りカーボンが一番高い素材といえます。

 

 

値段の差はこの、素材で大きく変わってきます。

しかし、素材が同じでも値段の差があるのはなぜか。

 

部品(コンポーネント)

次に値段の差が生じるものは、部品(コンポーネント)です。

素材が同じでも部品が違うために値段の差が生まれてきます。

ブレーキやクランクの値段の差がロードバイクの値段の差になっています。

高い部品と安い部品の差は、例えば高いブレーキのほうが安いブレーキよりもブレーキが効きやすい。とかになってきます。

クランクだとしたら、比較したときに高いほうが回転がなめらか。とかですね。

しかし、必ずしも高いからといって性能が良いとは限りませんよね。

まぁだいたいそうなんですが。笑

自分にあったものを使えばなんでも使いやすい、といってしまったら終わりですね。笑

しかし、

「部品なんてなんでもいいじゃん!」

と思う人もいるかもしれませんが、ブレーキの効きの良さなんかは命がかかってきます。

効きすぎても困るという人もいるかもしれませんが、ある程度効かないと危険です。

 

 

 

その他の値段の差は、ホイールタイヤの性能の違いによる値段の差だったりと、あげればキリがないかもしれませんね。笑

しかしながら、ロードバイクの値段の差は、素材が一番値段に影響するということですね。

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です