【すべて実証済み】欲しい人必見!ロードバイクを買う8つのメリット

「ロードバイク欲しいけど高いしな…」
「実際にロードバイクに乗っている人にメリットを聞きたい!」

ロードバイクが欲しいけど、買うべきかどうか迷っているあなた!

ロードバイクに乗り始めると普段乗っているママチャリからは大きく『自転車の価値観』が変わりますよ!

この記事では、ロードバイクを買う8つのメリットと5つのデメリットをそれぞれ解説します。

ロードバイクが欲しい人はこの記事が背中を押すので、ぜひ購入して私生活を楽しみましょう!

1.【欲しい人必見】ロードバイクを買う8つのメリット

ロードバイクを買うメリットは、以下の8つです。

  1. ストレス解消になる
  2. 健康に良い
  3. ダイエットに効果的
  4. 周りに自慢できる
  5. 自転車での移動が格段に早くなる
  6. 暇な時間がなくなる
  7. 地理に詳しくなる
  8. 友人が増える

これまでママチャリしか乗ったことがない人は、ロードバイクに乗ることで見える景色が大きく変わってくるでしょう。

1-1.ストレス解消になる

ロードバイクを買う1つ目のメリットは、ストレス解消になることです。

ママチャリとの大きな違いは、タイヤが細く車体が軽いため、より爽快に走ることができます。

ロードバイクに乗っている最中は、悩みごとも一旦忘れることができるのです。

また、財団法人日本自転車普及協会の『自転車による健康増進のための自然科学的研究』によると、日常的にサイクリングを行っている人は、行っていない一般の人よりも精神的健康度が良好である結果が出ています。

サイクリングが実際にストレスを解消し、精神面での安定作用がある可能性も大いに示されてきました。

さらに、1週間あたり1~3時間程度のサイクリングを実施することで、種々の抑うつ症状を抑制するのです。

あなたもロードバイクに乗ることで、ストレス解消になることが実感できるはずですよ!

1-2.健康に良い

ロードバイクを買う2つ目のメリットは、健康に良いことです。

先ほども述べた通り、自転車の健康効果は絶大。

サイクリングはウォーキングやランニングと同様に、一定時間・一定距離自転車をこぎ続けることで有酸素運動になります。

そのため、公益財団法人長寿科学振興財団体によると、サイクリングは脂肪燃焼が期待できる他、筋持久力や心肺機能の向上などの健康効果が期待できるのです。

ストレスの解消にもなり、健康に良く、またダイエットにも効果的なサイクリングは始めるしかありません!

1-3.ダイエットに効果的

ロードバイクを買う3つ目のメリットは、ダイエットに効果的であることです。

ロードバイクで体重60kgの人が、平均時速20~30km/hで1時間サイクリングを行った場合、消費カロリーは756kcal。

この数値は、ウォーキングの約2.5倍、ジョギングの約2倍になります。

そのため、ウォーキングやジョギングを行うよりもダイエット効果が期待できるのです。

また、膝痛や腰痛など持っている人はウォーキングやランニングなどの運動を長時間続けると痛みが出やすいため難しいです。

しかし、公益財団法人長寿科学振興財団によると、自転車はサドルにお尻を乗せているため膝や腰への負担が軽くなります。

そのため障害のある人や肥満の人にも負担が少なく健康的に行える運動なのです。

実際に、1日で100kmなどを走って自宅に帰ってきたあとに体重をはかると2~3kg減っていることも多くあります。

ダイエットを行いたい方は、ロードバイクを買って効果的にダイエットに励みましょう!

1-4.周りに自慢できる

ロードバイクを買う4つ目のメリットは、周りに自慢できることです。

ロードバイクは誰もが一度は乗ってみたい、欲しがったことのあるアイテムでもあります。

また、周りの友人などに自慢できるだけでなく、公道で知らない人にも自慢できるんです。

一般的にママチャリが多いですが、ロードバイクで走るだけで特に目立ち、周りから注目されること間違いありません。

かっこいいスポーツカーが通ると見てしまうのと同じで、かっこいいロードバイクを乗っていると優越感を抱きながら生活が送れますよ。

1-5.自転車での移動が格段に早くなる

ロードバイクを買う5つ目のメリットは、自転車での移動が格段に早くなることです。

ママチャリが平均15km/hなのに対して、ロードバイクは20~30km/hも簡単に出ます。

また、風向きが良く、スイスイ走れる道路状況であれば40km/h以上も出せます。

単純計算で、ママチャリよりも2倍~3倍ほど速いので、時間も1/2や1/3で済むのです。

今、もしあなたがママチャリで通勤・通学を行っているのであれば、今すぐにでもロードバイクに変えて時間を短縮しましょう!

1-6.暇な時間がなくなる

ロードバイクを買う6つ目のメリットは、暇な時間がなくなることです。

ロードバイクを手に入れることによって、暇な時間はサイクリングに出かけるようになります。

もしあなたが休日に暇な場合が多く、外に出て解放感の中で爽快に過ごしたい方は、今すぐロードバイクを買いましょう。

あなたの休日をもっと楽しくしれくれますよ!

1-7.地理に詳しくなる

ロードバイクを買う7つ目のメリットは、地理に詳しくなることです。

ロードバイクでサイクリングに出かけると、通ったことのない道や、行ったことのない場所に行くことが多々あります。

もちろん、自宅の周りはもちろんサイクリングに出かけた先で新たな発見があるのです。

また、自動車とは違い、ロードバイクだとすぐに停車することができるので、気になる場所で立ち止まってチェックできます。

そのため、気になっていたお店や新しくできたお店の事前調査には最高の手段ですよ!

地理に詳しくなることによって、これまでにない知識が身につくことで毎回のサイクリングが新鮮ですよ。

1-8.友人が増える

ロードバイクを買う8つ目のメリットは、友人が増えることです。

これは筆者でもある私の実体験でもありますが、ロードバイクに乗ると自転車仲間がとても増えます。

ロードバイクに乗ることで友人が増えるタイミングは以下です。

ロードバイク仲間が増えるタイミング
  1. サイクリング先で友達になる
  2. レースに出場した際に友達になる
  3. 自転車屋で出会い友達になる
  4. SNS繋がりで友達になって一緒に走りに行く

ロードバイクに乗っていると、共通の趣味が合う人同士で仲間がどんどん増えていくのです。

ロードバイクに乗っている人はみんな友達。

公道ですれ違ったら挨拶をし合って気持ちの良いサイクリングをしてくださいね!

2.ロードバイクを買う5つのデメリット

ロードバイクを買うデメリットは、以下の5つです。

  1. 金銭感覚が狂う
  2. 自転車沼から抜け出せなくなる
  3. 置き場に困るときがある
  4. 気軽にロードバイクから目を離せない
  5. 定期的なメンテナンスが必要

ロードバイクは高価なだけに、必要以上に気を遣わないといけませんね。

しかし、どのデメリットも気を付けるだけで改善することができるので、改善方法も一緒に解説しますね!

2-1.金銭感覚が狂う

ロードバイクを買う1つ目のデメリットは、金銭感覚が狂うことです。

ロードバイクは、Amazon等で売っている無名メーカーの激安ロードバイクを除いて、最低でも10万円はします。

高いロードバイクだと、50万円や100万円、私が実際に見たロードバイクの中での最高額は、250万円のものもあります。

また、ロードバイク単体で済むはずがなく、タイヤやホイール、ヘルメットやサングラスなど、さらに品質の良い高いものを求めてお金を費やしてしまいます。

金銭感覚が狂うことは、ロードバイクに乗っている誰しもが思っていることでもあるので、避けては通れないかもしれません。

そのため、ロードバイクを購入する前から「部品等は純正のままで一生いく!」と決めることが必要で、高い商品をたくさん買ってしまう前に誰かにブレーキをかけてもらうのも方法の1つですね。

2-2.自転車沼から抜け出せなくなる

ロードバイクを買う2つ目のデメリットは、自転車沼から抜け出せなくなることです。

自転車沼とは、クロスバイクやロードバイク等のスポーツバイクを買った人が、さらに品質の良い部品や車体を求めて商品を買い続けることです。

手に入れたお金を全て自転車につぎ込み、お金が自転車に吸い込まれることからサイクリストは『自転車沼』と呼んでいます。

ロードバイクに限らず、なんでも当てはまりますが、今持っているものよりもさらに品質の良い商品を買おうとしてしまうのは人間の心理。

どこまで自分を制御できるかで、沼から抜け出せるかが決まります。

自転車沼から抜け出す方法として、以下のことわざがあります。

「品質の良い商品を買っても結局自分の足が悪ければなにも変わらない」

いくら速くなるための軽い部品を装備しても、結局自分の足が1番速さに影響するため、部品をアップグレードしても同じ。

たとえ、世の中のロードバイクで1番安い装備だとしても、十分にロードバイクを楽しむことはできるんです!

2-3.置き場に困るときがある

ロードバイクを買う3つ目のデメリットは、置き場に困るときがあることです。

ロードバイクは基本的にスタンドがありません。

また、安価ではないため、扱いに注意するあまり、家の中で保管している人もいるでしょう。

ロードバイクは素材がカーボンで作られているものが多く、非常にデリケートなため安易に外で保管するのは危険です。

そのため、家の中に保管するか、倉庫など専用の置き場所を作って保管することをおすすめします。

2-4.気軽にロードバイクから目を離せない

ロードバイクを買う4つ目のデメリットは、気軽にロードバイクから目を離せないことです。

ロードバイクは高価なため、普通の自転車よりも盗難に合う確率が高くなります。

私の友人でも実際に盗難された方を何人も見てきています。

そのため、少しの時間でも目を離さないほうが無難です。

コンビニでの小休憩時も気を抜けません。

1人でサイクリングに行ったときは、できる限りロードバイクから離れないようにして盗難被害を免れましょう。

自転車保険は入るべき?義務化しつつある自転車保険の6つの補償内容

2019年8月3日

2-5.定期的なメンテナンスが必要

ロードバイクを買う5つ目のデメリットは、定期的なメンテナンスが必要なことです。

ロードバイクは、ママチャリのように一生外に放っておくことなんかできません。

定期的なメンテナンスが必要なタイミングは以下の通りです。

ロードバイクのメンテナンス
  1. できれば3回に1回程度のチェーンオイル充填
  2. 雨の日など濡れた際の拭き上げと各部品ごとのオイルメンテナンス
  3. 毎回のタイヤの空気圧チェック
  4. 1か月に1回の各部品の緩みチェック

この他にも、数々のメンテナンスがあり、定期的に行うことをおすすめします。

先ほどもお伝えした通り、ロードバイクは自転車の中でもスピードが速いです。

そのため、メンテナンスを怠るとその分大きな事故に発展します。

メンテナンスは面倒がらず、定期的に行うことを習慣づけましょう。

メンテナンスをしっかりと行っている人こそが、真の自転車乗りですよ!

3.まとめ

この記事では、ロードバイクを買うメリットとデメリットをそれぞれ解説しました。

ロードバイクはママチャリに乗っている人にはわからない良さがあります。

私が全て実証済みなので、この記事を参考にぜひロードバイクの購入を検討してみてくださいね!

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、マサッチです。 ロードバイク歴6年、年間走行距離12,000km。 その結果、国民体育大会への出場を達成。 経験を生かし、自転車を少しでも好きになってもらえるようにこのサイトを立ち上げました。 自転車は奥深く、乗れば乗るほど自分を成長させてくれます。 ロードバイクが初めての人にもわかりやすく、寄り添っていくのがこのサイトの目標です。 このサイトと共によりよい自転車ライフを送りませんか!