ダウンヒル(下り)のコツ

前回に引き続き、山についての勉強です。

山を登った次は下りが待っています。

ロードバイクに乗っている人のなかでも、このダウンヒルが好きな人は多いと思います。

ということで今回は、)のコツについて勉強していきましょう。

ダウンヒルが怖いと思う理由とその対処法

1.スピード

ダウンヒルは、普段平坦では出せないようなスピードが出ます。

出るというよりも出てしまうといったほうがいいかもしれません。

直線が長いとその分スピードが出ますが、そのスピードでコーナーにさしかかると恐ろしい目にあいます。

スピードは、その山(下り)をよく知った人しか出してはいけません。

次のカーブを曲がればすぐにまたカーブでそこは砂利で滑りやすい、というようなものは、

何回も登ったことのある人にしかわかりません。

オーバーラン

スピードが出ると怖いことは、オーバーランすること。

下りをよく知っている人でも、

ものすごいスピードでコーナーにさしかかると、

曲がり切れると思っても曲がり切れないことがあります。

基本は、コーナーにさしかかる前にスピードを一気に緩め、そしてカーブを曲がるということ。

ですが、スピードを出しすぎると本当にブレーキが効かなくなると同時に、心が焦って思うようになりません。

そのためにも、ダウンヒルでのスピードはレース以外では出さないこと。

飛ばしたい気持ちもわかりますが、大きな事故を起こしてからでは遅いのです

 

2.コーナリング

これが一番怖いですね。

コーナリングの基本としては、

アウト・イン・アウト

これはよく聞く単語だと思いますし、下りの基本ともいえます。

これを徹底することにより、スムーズにカーブにさしかかることができ、次のカーブに備えることができます。

しかし、レースでもあるまいし、

道路の線ギリギリまでにアウトインアウトをしてしまうと、車と衝突してしまう可能性があります。

こちら(ロードバイク)もある程度のスピードが出ているなかで、

車と正面衝突をすると、想像もしたくないことが起こってしまいます。

ですので、最高でも中央分離帯の半分(2分の1)の中での走行を心がけるようにしましょう。

車体が傾きすぎる

車体を傾けすぎると、滑って落車の原因にもなります。

車体を傾けすぎないようにするには、しっかりと脚で踏ん張ることが重要になってきます。

曲がる方とは逆の脚(伸ばしている方)を下方向(地面)に突っ張り

曲がる方の脚(曲げている方)を上方向に引っ張るイメージを持ちましょう。

要するに、

曲がるときに傾こうとするロードバイクを、真っすぐに戻そうとするイメージを持つということです。

そうすることで、傾きすぎる車体を抑えることによって、砂利などで滑る危険性が減ります。

気持ち後ろのブレーキを多めに!

前のブレーキのほうが効きやすいのはわかっていますが、

ダウンヒルの最中に前のブレーキを使う癖がついてしまっていると、

突然のことがあるととても危険です。

前への重力で車体よりも前にぶっ飛ばされます。

ですので、気持ちリアのブレーキを強めにかけるようにしましょう。

一番理想的なダウンヒルの仕方は、

常にリアのブレーキを少しかけ、それでスピードを制御するということです。

突然の「動物」に気を付けよう!

山には、野良犬をはじめ、サル、イノシシ、鹿など、さまざまな動物が生息しています。

ものすごいスピードで山を下っているときに、

突然サルが目の前に飛び出してくるかもしれません。

「もしも」を肝に銘じて、ダウンヒルするようにしましょう。

 

今回は、ダウンヒル(下り)のコツについて勉強しました。

ダウンヒルはとても楽しいものですが、その分危険性もあります。

事故を起こしてからでは遅いので、交通ルールを守りつつ、あまり無理をしないように下りましょう。

次回は、風が強いときの走り方と注意点について勉強していきましょう。

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です