ロードバイクでの落車の原因第3位とは?落車をしないために気を付けるべきこと

前回はロードバイクのギア変速の上手い仕方とコツについて勉強しました。

今回は、ロードバイクに乗っている中で避けては通れないについて勉強していきましょう。

避けては通れない落車ですが、

ちょっとしたことが原因で起こるものが落車です。

普段から落車をしないように心がけることによって、少しでも落車が防げるでしょう。

落車の原因第3位とその防止策

第1位「前の人の後輪に自分の前輪が当たってこける」

自分の前輪が前の人の後輪に当たることを、よく「はする」といいますが、

落車で一番多いのはやはりこれでしょう。

「はすってこけた!」

なんてよく聞きますよね。

この落車は集団で走っているときに限りますが、集団で走っているときの一番多い落車の原因といえます。

集団で走る場合、

1列になり前の人の後ろにピッタリとつき、空気抵抗を少しでも減らそうとします。

この際に気を付けなければならないのが、車間距離です。

空気抵抗が多いスポーツですから、車間を少しでも詰めて前の人の後輪ギリギリで走りたい気持ちはわかります。

しかし、前の人が急にブレーキをした場合には非常に危険です。

車間を詰めることに慣れている人ならまだしも、

車間を詰めるのに慣れていない人や急なブレーキに対応できる自信がない人は車間距離をある程度保つことを心がけましょう。

 

前の人の後輪に当たらないための防止策

・前の人との車間をある程度多めにあけておく

・下を見ない

・手信号を確実に行う

・声をかけ合う

・急ブレーキに対応できるように常に準備をしておく

・前をよく見て、この先のコースや交通状況(路上駐車や信号)を確認する

・前の人との信頼を深めておく

 

第2位「下っているときに滑ってこける」

下っているときに滑ってこけることは非常によくある上に、

スピードが出ているため大きな怪我に発展する可能性があります。

下っているときに滑る原因としては、

・車体を傾けすぎた

・砂利で滑った

・雨で路面が濡れていた

・カーブ中に思いっきりブレーキをかけた

などがあげられます。

下りでこけるとスピードが出ているために、

滑ってこけた後にガードレール縁石にぶつかってさらに怪我をしてしまうかもしれません。

さらに対向車が来ていたらもっと危険です。

このようなことからも、

下っているときにこけることは非常に危険なのです。

 

下りでこけないための防止策

・スピードを出しすぎない

・あまり端によりすぎない(砂利で滑る)

・カーブにさしかかる前にスピードを落としておく

雨の日は特に車体を傾けすぎない

 

)のコツについてはこちら

 

 

第3位「立ちごけする」

ロードバイクに乗り始めの人が一番多いこけ方でしょう。

特に、ロードバイクを買いビンディングにまだ慣れていない人が、

信号待ちや止まるときによく立ちごけをします。

立ちごけはほぼスピードが出ていないので大きな怪我にはならないものの、

新しいロードバイクを傷つける原因第1位でもあります。

なんともないところでの落車でロードバイクが傷つくのはこりごりですよね。

また、恥ずかしいこけ方第1位も立ちごけでしょう。

これまたなんともないところでの落車は恥ずかしさナンバーワンです。

 

立ちごけをしないための防止策

・ビンディングに慣れる

・ロードバイクに慣れる

・信号が変わったらあらかじめビンディングを外しておく

 

ビンディングについてはこちら

 

 ハッピーチャリライフ
ハッピーチャリライフ
https://masatti01.com/roadbike_binding_necessary/
自転車をもっと楽しく!

 

 ハッピーチャリライフ
ハッピーチャリライフ
https://masatti01.com/roadbike_binding_type/
自転車をもっと楽しく!

 

落車のために

落車はできればしたくありませんが、

もししてしまったときのために備えが必要になってきます。

落車をしてしまったときに、少しでも軽く収まるように備えておきましょう。

 

ヘルメットを装着する

自転車で落車すると一番怖いことは、頭を打つことです。

頭を一番に守ることはスポーツにおいて非常に重要になってきます。

ヘルメットをしていれば防げる命もしていなければ防げなくなります。

しっかりと頭を守ってくれるヘルメット、

長時間着けていても疲れないヘルメットを装着しましょう。

 

 

保険に入っておく

もしものときのために自転車用に保険に入っておくことをオススメします。

自転車を持っている限り落車のみならずさまざまなことが起こりえます。

・走行中に車と接触(車が破損・自分が怪我をする)

・走行中に歩行者と接触(歩行者が怪我をする・自分が怪我をする)

・自転車が盗難にあう

・自転車が破損する

このように、いろいろなことが起こりえます。

そのときのために保険に入っていることによって、

今後の生活をよりよくしてくれることに違いありません。

最近では、自転車保険もさまざまあるようなのでぜひ入っておくことをオススメします。

 

今回は落車について勉強しました。

誰もが経験したことのある落車ですが、

今回勉強したことを生かし、落車のない自転車ライフを送るよう心がけましょう。

 

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です