ディスクホイールとは?ディスクホイールを装着すると速くなるのか

「ディープホイールは知っているけどディスクホイールってなに?」

前回は、リムの高さについて、ディープホイールについて勉強しました。

今回は、ディープホイールよりもさらにディープなホイール、

ディスクホイールついて勉強していきましょう。

1.ディスクホイールとは?

ディスクホイールとは、主に自転車競技に使われることが多く、

スポークのない円盤のホイールのことをいいます。

自転車競技の中でも、トラック競技やタイムトライアル競技に多く使われています。

しかし、自転車競技にだけ使われるわけではありません。

痛チャリとして、

ディスクの部分に自分の好きな模様を描いたり、

自分の好きなアニメキャラクターのデザインを描いたりと、

いわゆるオタク文化の中ではなくてはならないディスクホイールとなっています。

2.ディスクホイールって速いの?

前回、ディープホイールのメリットについて勉強しましたが、

普通のホイールとは違い、またディープホイールとも違い、スポークが一本もありません。

そのため、前方からの風をディスクが受け流してくれます。

ディスクホイールを使う機会はありませんが、

もし使う機会があればそれは驚くほどの速度が出ることでしょう。

慣れていることが前提ですが、、

 

 

 

しかし、前回のディープホイールのデメリットと同じく、

横からの風にはとても弱いので、屋外の使用には注意が必要です。

ディープホイールよりも細心の注意が必要になってきます。

自転車競技のトラック競技の場合にも、屋外では後輪のみのディスクホイールの使用となり、前輪はバトンホイールを使用することが多いですね。

トラック競技の中でも、ベロドロームなどの室内での競技場の場合のみ、前後輪ディスクホイールが使われることが多いです。

3.バトンホイールとは?

屋外でのトラック競技の場合、前輪にバトンホイールを使用することがあります。

バトンホイールとは、3本や4本、または5本の場合が多く、

カーボン素材で、ブーメランのようになっているホイールです。

バトンホイールもとても高価なもので、ディスクホイールと同じぐらい高価なものになります。

 

今回は、ディスクホイールとはなにか?について勉強しました。

ディスクホイールは競技用に使われることが多く、一般の人は見ることすらないかもしれません。

もし見たい人がいれば、高校総体などの大会開催中に自転車競技場・競輪場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

自転車競技はこれまた面白いものなので、興味のある方はぜひ。

次回は、ロードバイクのパンク修理のやり方について勉強していきましょう。

 

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です