サイクルコンピューターとは?

サイクリングそのものをもっと楽しく、

充実したものにしてくれるサイクルコンピューターですが、

今回は、サイクルコンピューターとはなんなのか、サイクルコンピューターは必要なのかについて勉強していきましょう。

サイクルコンピューターとは?

サイクルコンピューターとは、

ロードバイクに取り付けることによって、速度、走行距離、走行時間などを表示してくれるものです。

「サイコン」と略されることが多いですね。

高機能なものでは速度や距離に加え、

ケイデンス※や心拍数、高度や気温までもを計測できます。

ケイデンスとは、1分間のクランク回転数のこと

計測できるものの一覧として、

・速度(平均速度、最高速度)

・距離(走行距離、積算距離)

・時間

・現在時刻

・ケイデンス

・心拍数(平均心拍数、最大心拍数)

・カロリー

・気温

・高度

・勾配

・方位

・地図

などがあります。

サイクルコンピューターの値段が上がれば上がるほど、

この表示できる種類は多くなります。

 

サイクルコンピューターを付ける2つのメリット

楽しい

サイクルコンピューターを一度付けてしまえば、

付けていないときのサイクリングが楽しくなくなります。

それは言いすぎですが、そのぐらい楽しいものです。

機能が多く付いているほど楽しいのはもちろんですね。

高度と勾配、は新たな山を登ろうと思うきっかけになるかもしれません。

自分史上最速の速度を出すのも一つの楽しみ方かもしれません。

さまざまな機能が付いているサイクルコンピューターですが、

自分が見たい機能を求めて、購入を考えてもいいかもしれませんね。

目標を持てて走る目的になる

サイクルコンピューターが無かったときには思わなかった、

「今日は〇〇km走る!」

「〇〇kcal目指して頑張る!」

と、サイクルコンピューターがあることによって走ろうと思えるのです。

一か月の目標を決め、それに向かって頑張るというようなことも、

サイクルコンピューターがあるからこそできることです。

「せっかく買ったロードバイクも一瞬で乗らなくなってしまった」

なんてことにはならないでしょう。

 

サイクルコンピューターの選び方

サイクルコンピューターには、

有線のものと無線(ワイヤレス)のものがあります。

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

有線

有線は、その名の通り本体とセンサー部分が繋がれています。

メリット

・価格が安い

・センサーと直接繋いでいるため、電波の混信がない

デメリット

・あまり市場に出回っていない

・有線のため、ハンドル周りがごちゃごちゃする

無線(ワイヤレス)

無線は、その名の通り本体とセンサー部分に線はなく、電波によって交信しています。

メリット

・種類が豊富である

・配線がないのでハンドル周りがすっきりする

デメリット

・価格が高い

・電波が混信する可能性がある

このようなことからも、サイクルコンピューターは無線(ワイヤレス)を選ぶべきでしょう。

やはり機能が多く付いているものが欲しくなりますが、

そのぶん値段も高くなります。

必要最低限の機能は入っているものにするのはもちろんですが、

自分の欲しい機能があるならば財布と相談をして買うようにしましょう。

今回は、サイクルコンピューターとはなにかについて勉強しました。

次回は、ロードバイクで速く走るためにするといいこと6つについて勉強していきましょう。

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です