コンポーネントのメーカーとグレード

「そもそもコンポーネントとはなんなのか?」

コンポーネントとは、ロードバイクに使われる部品のことです。

ロードバイクには複数の部品が使われていますが、それをひとまとまりでコンポーネントと呼んでいます。

自転車業界では、コンポということが多いですね。

コンポーネントのメーカーや種類によって値段は大きく変わります。

同じフレームでも、コンポーネントの違いだけで何万円も変わってきます。

ということは、コンポーネントはピンキリだといえますね。

今回はコンポーネントのメーカーとグレードについて勉強していきましょう。

メーカー

まずメーカーですが、

大きく分けて3つのメーカーがあります。

SHIMANO(シマノ)

Campagnolo(カンパニョーロ)

SRAM(スラム)

どのメーカーが使いやすいのか。

なんていうのは人それぞれですが、

道端で見かけるロードバイクの大半が一番上のシマノです。

ごくまれにカンパニョーロを見かける、といった感じです。

スラムを見かけるのは結構レアですね。

この3つのメーカーの中でも、それぞれグレードがあります。

グレード別に性能軽さ値段が大きく違います。

メーカーごとにグレードを見ていきましょう。

 

SHIMANO(シマノ)

上からグレードが高い順に、

DURA-ACE(デュラエース)

ULTEGRA(アルテグラ)

105(イチマルゴ)

Tiagra(ティアグラ)

SORA(ソラ)

Claris(クラリス)

Tourney(ターニー)

となります。

続いて、

Campagnolo(カンパニョーロ)

上からグレードが高い順に、

Super Record(スーパーレコード)

Record(レコード)

Chorus(コーラス)

Athena(アテナ)

Potenza(ポテンツァ)

Veloce(ベローチェ)

となります。

最後に、

SRAM(スラム)

上からグレードが高い順に、

Red(レッド)

Force(フォース)

Rival(ライバル)

Apex(アペックス)

となります。

 

今回はコンポーネントのメーカーとグレードを紹介しました。

これだけを見ると、1つのメーカーだけでも種類が多いのにさらにそれが3つもありわかりませんよね。

「コンポーネントのメーカーはどこが良いのか?」

「メーカーの中でもグレードはどれが良いのか?」

次回は、コンポーネントの選び方について学んでいきましょう。

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です