コンポーネントの選び方

前回は、コンポーネントのメーカーとグレードについて学びました。

3つのメーカーと、そしてそれぞれに多くのグレード、

いくつもある中でどれにすればいいのか?

今回はコンポーネントについてもっと詳しく知り、どれを選べばいいのか、について勉強していきましょう。

メーカー

まずメーカーですね。

普段、公道で見るロードバイクの8割9割以上がシマノのコンポーネントだと言い切れるぐらい、大半がシマノです。

日本でのシェアだけでなく、世界でも高いシェアを誇っています。

その理由としては、高品質耐久性に優れていること。

そして最大の理由はリーズナブルな価格であること。

他のメーカーに比べても安価です。

このようなことからも、コンポーネントのメーカーはSHIMANO(シマノ)をおすすめします。

前回勉強した通り、シマノにはロードバイクのコンポーネントのグレードが7つほどあります。

おさらいをすると、

上からグレードが高い順に、

DURA-ACE(デュラエース)

ULTEGRA(アルテグラ)

105(イチマルゴ)

Tiagra(ティアグラ)

SORA(ソラ)

Claris(クラリス)

Tourney(ターニー)

となりますね。

 

ロードバイクに乗っている人はみんなDURA-ACEに憧れを持っているかもしれませんね。笑

しかし、フルコンポーネントで揃えれば20万円ほどします。

それぞれのグレードのフルコンポの目安の価格としては、

DURA-ACE   約20万円

ULTEGRA  約10万円

105      約6万円

Tiagra    約5万円

SORA    約3万円

Claris     約2万円

Tourney           約1万5千円

値段改定などでここから変わってくるかもしれませんが、目安としてはこのようになります。

こう見ると、105より上のグレードから値段が大きく変わっています。

そして、一番高価なDURA-ACEと二番目のULTEGRAでは約10万円もの差がありますね。

それはなかなか買えるはずがありません。笑

グレード

さぁ値段もわかったところで、どのグレードにすればいいのか?

どのような用途でロードバイクに乗るのか

どれだけロードバイクに乗るのか

どれだけコンポーネントに性能を求めるのか

このようなことで、どのグレードにするかは変わってくるでしょう。

初めてロードバイクを購入する人は、

105、または105よりも下のグレードをおすすめします。

また、10万円前後のロードバイクには通常105よりも下のグレードが付いているので、そのグレードのまま乗ることをおすすめします。

そして、105よりも下のグレードでも十分に性能は良いです。

上のグレードが欲しくなるのは当然ですが、

上のグレードにいくほど値段も高く、それほどの高性能なコンポーネントが自分には必要なのか。ということをよく考えて選びましょう。

しかし、コンポーネントをこれにしたい!と思っても、

自分が気に入ったロードバイクが展示品で、もうすでにシマノのあるグレードが付いているかもしれません。

そのような場合は、付いているグレードで乗るしかないかもしれません。

そんなときは、それと全く同じロードバイクをカタログから探し注文し、

事前にお店にコンポーネントのグレードを提案しておくことで自分の望んだコンポーネントで乗ることができるかもしれません。

今回は、前回よりも詳しくコンポーネントについて勉強しました。

ロードバイクは本体だけでは動きません。

ブレーキやクランクなどのコンポーネントがあるからこそ、ロードバイクは動きます。

コンポーネントの重要性をわかることが、コンポーネントを選ぶ一番の方法かもしれませんね。

次回は、ディスクブレーキとはなにか?について勉強していきましょう。

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です