ロードバイクにおけるビンディングの必要性

ビンディングとは?

スポーツバイクを持っている人なら、一度や二度は聞いたことがある、もしくはもう使用しているかもしれません。

ビンディングとは、

ビンディング専用シューズとビンディング専用ペダルを使用することによって、シューズとペダル固定するもののことをいいます。

左の画像は、SHIMANOのビンディングペダルになります。

初めて聞く人は、

「えっ?シューズとペダルを固定?」

と驚くかもしれません。

スポーツバイクに乗っていくなかで、

ビンディングを使うか使わないかで大きく変わってくるものがあります。

今回は、サイクリングにおけるビンディングの必要性について勉強していきましょう。

ビンディングを使うメリット

ペダリング効率が良い

ビンディングを使うことの最大のメリットは、ペダリング効率が上がること。

ビンディングを使用することによって、ペダルと足(シューズ)が固定されます。

一般的な自転車のペダル(フリーペダル)とは違って、ペダルとシューズが固定されるため、引き足が使えるようになります。

一般的なペダルでは、足を下に踏みこんだときにしか力が加わりませんが、

ビンディングペダルの場合は、

足を下に踏みこんだときに加え、足を上に引き上げたときにもペダルをこぐ力が加えられます。

それにより、単純に考えれば普通のペダルよりも、

踏みこむ力と引き上げる力、2倍の力を加えられることになります。

ということは、普通のペダルよりも速く走ることができます

そのため、急な坂や険しい山を登るサイクリストにとってはビンディングは必要になってくるのです。

 

ペダルと足が滑らない

ビンディングを使う第二のメリットとしては、ペダルと足が滑らないこと。

ロードバイクに限らず自転車に乗っているときに、

ペダルと足が滑り、漕ぎづらいという経験はあると思います。

普通に漕いでいるだけならまだしも、急いでいるときや力を入れて漕ぐ場合、また雨の日には特に滑って漕ぎづらいと思います。

そのためにも、ペダルと足が固定されるビンディングを使用することによって、ペダルと足が滑ることはありません。

急いでいる場合にも、心配なく力を入れて漕ぐことができます。

ビンディングを使うデメリット

しかし、ビンディングを使用する中でもデメリットはあります。

慣れるまでは危険

一番のデメリットとして、慣れるまでは危険であること。

やはり、ペダルとシューズが固定されているため、慣れるまでに時間がかかります。

信号待ちで停止するときや徐行しているときには、すぐにシューズがペダルから離れるようにしておく必要があります。

そのためにも、ビンディングを初めて使用する場合には、

人通りや車通りの少なく、慣れた道で十分に練習してから走行するようにしましょう。

歩きづらい

もう一つのデメリットとしては、のにもよりますが歩きづらいこと。

ビンディングシューズのソール(底)の部分には、

クリートと呼ばれるビンディングペダルに装着するための器具が付いています。

そのため、普通の靴のようにソールが地面と接触して歩くのではなく、クリートが地面と接触して歩くようになります。

しかし、上の画像のように、普通の靴のような見た目や形、クリートで歩くのがイヤな人には、そのようなビンディングシューズと、それ専用のビンディングペダルもあります。

 

このように、ビンディングにはデメリットもありますが、

慣れるまでに時間がかかるものの、慣れればメリットのほうが多いでしょう。

サイクリングを趣味にしたいと思っている人、

これからロードバイクを買おうと思っている人は、ぜひビンディングを考えてみてはどうでしょうか。

今回は、ビンディングを使うことのメリット・デメリットについて学びました。

次回は、ビンディングの種類と選び方について勉強していきましょう。

 

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です