ビッグプーリーとは?ビッグプーリーの効果とメリットを徹底解説!

「そもそもプーリーってなに?」

「ビッグプーリーを装着すると効果はあるの?」

「おすすめのビッグプーリーを教えて!」

ビッグプーリーについて疑問をお持ちの方も多いはずです。

”プーリー”というロードバイクに付属している部品を大きくしただけの”ビッグプーリー”。

しかし、プーリーを大型化することによって快適に走れるだけでなく、走行性能が上がることによってスピードアップにも繋がるのです!

今回は、ビッグプーリーとはなんなのか、そしてビッグプーリーの効果やメリットについてお伝えしていきます!

あなたも、ビッグプーリーに変えて快適なロードバイクライフを送りましょう!

1.そもそも”プーリー”とはなんなのか?

プーリー(Pulley)とは、日本語で”滑車”という意味があります。

ベルトやロープなどを掛けて動力を伝達したり、力の伝達方向を変えるときに使用します。

そんなプーリーは、ロードバイクのどの部分を指すのでしょうか?

ロードバイクにおける”プーリー”とは、リアディレイラー部分に付いている”歯車(滑車)”のことを指します。

一般的にプーリーはロードバイクに”2つ”付いており、それぞれに役割があり名前が付いています。

2つのプーリー
  1. ガイドプーリー
  2. テンションプーリー

この2つのプーリーが回転することによってロードバイクは動くことができるのです!

ガイドプーリーとテンションプーリー、それぞれの役割を見ていきましょう!

①ガイドプーリー

ガイドプーリーとは、スプロケット(ギア)に近い方のプーリー(歯車)のことを言います。

横から見て、上側に付いている歯車です。

ガイドプーリーの役割は、ギアを変速させること。

ロードバイクのハンドル部分のシフターを操作することによって、ワイヤーが伸びたり縮んだりします。

そのワイヤーからの指示をリアディレイラーが感知し、伝達されてガイドプーリーが左右に動きます。

そうすることによってギアからチェーンが外れ、次のギアへチェーンをかけ替えます。

しかし、ロードバイクで走行している以上、チェーンの張り具合は一定にしておかなければなりませんよね。

そこで、活躍するのがもう1つのテンションプーリーなのです。

②テンションプーリー

テンションプーリーとは、スプロケット(ギア)から遠い方のプーリー(歯車)のことを言います。

横から見て、下側に付いている歯車です。

テンションプーリーの役割は、チェーンの張りを一定に保つこと。

ガイドプーリーが左右に動き、チェーンが次のギアに移り動きます。

もちろん、スプロケット(ギア)の大きさはそれぞれ違いますので、チェーンの張り具合は変わりますよね。

そこで、テンションプーリーが張り具合を一定に保つために動いてくれます。

ギアを変える”ガイドプーリー”、チェーンの張りを保つ”テンションプーリー”この2つが存在するからこそ、ロードバイクは円滑に走れているのです!

2.プーリーを大きくしたビッグプーリーとは?

ビッグプーリーとは、プーリーを大型化したもの。

”ガイドプーリー”と”テンションプーリー”について解説してきましたが、これら2つを合わせてプーリーと呼びます。

この2つの”プーリー”を大きくしたものが”ビッグプーリー”なのです!

ビッグプーリーを日本語に直すと、”大きい歯車”。

その名の通り、リアディレイラー部分の歯車を大きくしたものをビッグプーリーと言います。

では、プーリーを大きくするとどうなるのでしょうか?

ビッグプーリーにするとどんな効果があるのかを解説していきます。

3.ビッグプーリーの効果とメリットとは?

ビッグプーリーの最大のメリットは、回転数が減ることによるベアリングの摩擦抵抗の減少です。

ビッグプーリーは、一般的なプーリーよりも一回り大きいです。

そのため、一般的なプーリーよりもゆっくりと回転します。

その結果、回転するために起こるプーリーのベアリングの摩擦は少なくなり、スピードアップに繋がるということです。

もう一つのメリットは、チェーンの緩やかなカーブによる摩擦抵抗の減少です。

大きいプーリーを使用することによって、”ガイドプーリー”と”テンションプーリー”間のS字カーブが緩やかになります。

そうすることによって、チェーンの折れ曲がりが最小限に抑えられ、抵抗が減るということです。

ロードバイクで走行中、チェーンは数え切れないほどの回数を行き来しますので、少しの抵抗削減でもスピードに直結するのです!

これらの通り、ビッグプーリーにするとプーリーやチェーンの摩擦抵抗を削減することができるのです!

ビッグプーリーのメリット
  • プーリーの回転数が減少したため、ベアリングの摩擦抵抗が減少する
  • 2種類のプーリーを通るチェーンのカーブが緩やかになるため、チェーンの摩擦抵抗が減少する

4.おすすめのビッグプーリー3選

ビッグプーリーの効果とメリットをお伝えしてきました。

ビッグプーリーにはさまざまなメーカーがあり、大きさも違います。

自分のロードバイクのディレイラーに対応しているかも注目すべき点ですので、一つ一つどれに対応しているかも丁寧に解説していきます!

おすすめのビッグプーリー3選を見ていきましょう!

1.RIDEA(リデア)「RD1-T35C」

ロードバイクのさまざまな部品において人気の「RIDEA(リデア)」。

「RD1-T35C」は、上のガイドプーリーが13T(歯数13)、下のテンションプーリーが15T(歯数15)のビッグプーリーです。

ベアリング素材は、高機能な”セラミック”。

ねじれなどの変形に強い下三角形のケージデザインで、高い強度で大型プーリーを保持しています。

「RD1-T35C」は、高性能ベアリングを使用しているため、更なるスピードアップを望めます。

また、”X-Teeth”プーリーを採用しており、プーリーの歯の厚みを交互に変えることでチェーンの組み合わせを滑らかにし、ブレを大幅に低減させています!

対応ディレイラー

SHIMANO:DURA-ACE 7900/9000/9070

ULTEGRA 6700/6800/6870

プーリー歯数13T/15T
枠素材アルミニウム
ベアリング素材セラミック
プーリー素材アルミニウム
重量67g

2.RIDEA(リデア)「RD2-T35C」

先ほど紹介した「RD1-T35C」と対応ディレイラーが違うだけです。

「RD2-T35C」は、「RD1-T35」と同じく、上のガイドプーリーが13T(歯数13)、下のテンションプーリーが15T(歯数15)のビッグプーリーです。

「RD1-T35C」は、対応ディレイラーがDURA-ACE・ULTEGRAなのに対して、

「RD2-T35C」は、対応ディレイラーが105・Tiagraになります。

対応ディレイラー

SHIMANO:105 5700/5800

Tiagra 4600/4700

プーリー歯数13T/15T
枠素材アルミニウム
ベアリング素材セラミック
プーリー素材アルミニウム
重量67g

3.TNI(ティーエヌアイ)「Speed Pulley(スピード プーリー)11T/15T」

こちらもロードバイクの備品や装備でお馴染みのTNI(ティーエヌアイ)。

「Speed Pulley(スピード プーリー)11T/15T」は、上のガイドプーリーが11T(歯数11)、下のテンションプーリーが15T(歯数15)のビッグプーリーです。

ベアリング素材は、高機能な”セラミック”。

アルミ製ながら肉抜きによって重量を抑えている「Speed Pulley(スピード プーリー)11T/15T」は、重さ約69gです。

対応ディレイラー

SHIMANO:DURA-ACE 9000/9070

ULTEGRA 6800/6870

プーリー歯数11T/15T
枠素材アルミニウム
ベアリング素材セラミック
プーリー素材アルミニウム
重量69g

5.まとめ

今回は、ビッグプーリーとはなにか、ビッグプーリーの効果とメリットについてお伝えしてきました。

ロードバイクは、少しの抵抗でも大きく差として表れてきます。

ビッグプーリーに変えて、プーリーとチェーンの抵抗を削減し、快適なロードバイクライフを送りましょう!

ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です