これを見れば絶対速くなる!ロードバイクで速く走るための6つのこと

「自転車を漕ぐのが速い人ってなにが違うの?」

「どんなことをすれば速く走れるようになるの?」

「自転車競技をしている人みたいに速く走れるようになりたい!」

こんな疑問をお持ちの方!

これを見ればあなたも絶対に速くなります!

今回は、ロードバイクで速く走るための6つのことをお伝えしていきます。

この記事でお伝えしたことを実践し、他のローディーとの差を広げましょう!

 

ロードバイクで速く走るための6つのこと

ロードバイクを持っている人なら必ず速く走りたいと思っているはずです。

しかし、速く走るためには正しい努力が必要です。

ずばり!「速い人はなにが違うのか?なにをしているのか?」に迫るべく、ロードバイクで速く走るための6つのことをご紹介していきます。

 

1.たくさん自転車に乗ること

ロードバイク初心者が速く走るための1番の近道は、たくさんロードバイクに乗ることです。

自転車で速く走れるようになりたいのであれば、たくさんの時間と距離を乗る必要があります。

ロードバイク初心者の人は特に、自転車(ロードバイク)に慣れるということが重要になってきます。

ロードバイクに慣れることで、ロードバイクで速く走るためのコツが自分なりに少しずつわかってくるようになります!

少しずつ無駄のないペダリングになっていき、スムーズなダンシングができるようになってきます。

しかし、ただ単に無意識に乗っているだけでは速くなっていきません。

そのためには常に頭の中で考えながら走ることが必要となってくるのです!

 

考えながら走ることでさらに速く

ロードバイク初心者であればあるほど、たくさん乗ることで成長していきます。

しかしそれはある程度までしか速くならないのです。

ロードバイクが速い人となにが違うのか?

それはいかに頭の中で考えながら走っているか、です。

・どうすればペダリングがスムーズになるのか?

・山を速く登るためにはどうすれば良いのか?

速い人は常にこのようなことを考え、走っています。

ロードバイクで速く走るためには探求心を持つことが重要なのです!

 

2.適正なポジションに合わせること

「サドルは高いほうが良いと聞いたから!」

「ハンドルは低いほうが良いに違いない!」

そんな勘違いをしていませんか?

自分の適性なポジションになっていないロードバイクでは自分の本当の力を出すことができません。

誰かがそうやって言っていたから、噂で聞いたから、などでポジションを決めてしまっている人はもう一度ポジションを見直す必要があります。

人それぞれ骨格や身体の硬さ、乗り方は違いますので自分が1番乗りやすいポジションを見つけ出しましょう!

 

3.空気抵抗を減らすこと

自転車で走っている中でどこかには必ず抵抗がかかっています。

自転車における3つの抵抗は、空気抵抗・路面抵抗・機械抵抗です。

その中でも1番大きな抵抗が空気抵抗なのです!

自転車に乗っている中で1番大きな抵抗とされる空気抵抗ですが、そんな空気抵抗を減らすべく自転車が速い人と遅い人の大きな違いはなんでしょうか?

それは、乗車姿勢です。

自転車が速い人は空気抵抗を少しでも減らすため、乗車姿勢が低いのです。

少しでも空気抵抗を受けてしまうと失速してしまいます。

ですので、なるべく身体に風が当たらないように、低い姿勢をとることを意識しましょう。

低い姿勢をとるコツは、ドロップハンドルの湾曲した部分をしっかりと握り、肘を曲げることです。

ブラケット部分を握るよりも湾曲した部分を握るほうが姿勢は低くなりますし腕が疲れにくいでしょう。

 

空気抵抗の記事はこちら

 

 

4.体幹・筋トレをすること

ロードバイク初心者の人の中には、

「自転車は脚で漕ぐスポーツだから上半身は鍛えなくていい!」

と思っている人もいるかもしれません。

しかし、自転車は全身の筋肉を使って走ります。

上半身を鍛えておくことによって、ロードバイクの車体を引きつけることができます。

ペダルを踏み込んだと同時に、上半身で車体を引きつけることができればものすごいパワーが生まれるのです。

自転車で速い人は上半身と下半身をうまく使い全身で走っています。

ですので、ロードバイクに乗るだけでなく、体幹・筋トレは欠かさずにしましょう。

 

5.自分より速い人と走ること

自分より速い人と一緒に走ることでたくさんのことを学ぶことができます。

今まで気付かなかった速くなるコツを教えてくれるかもしれません。

自分より速い人は自分がやっていないなにかをやっているはずです。

また、自分より速い人の走り方をよく観察しましょう。

そうすることによって、自分の走り方に活かせることがきっと見つかるはずです。

自分より速い人と一緒に走り、やる気と知識をもらいましょう!

 

6.自分の自転車を大切にすること

自分がいつも乗っているロードバイクを大切にしましょう。

扱いかたを丁寧にすることもそうですが、メンテナンスをしっかりと行うこと、またケアをしっかりとしましょう。

自分の愛車が泥まみれでは乗る気も出ませんよね?

また、メンテナンスを行うことで故障を未然に防げ、また故障に気付くことができます。

メンテナンスを行うことは故障が原因での落車・転倒を防ぐことにも繋がります。

そういった面も含め、自転車を大切にすることを忘れないようにしましょう!

 

まとめ

今回は、速く走るための6つのことについてお伝えしてきました。

自転車が速い人はなにかしらの努力をしているので諦めずに精進しましょう。

そうすることによって、今よりもさらに速く走れるようになっていることでしょう。

そして、みなさんが安全に楽しい自転車ライフを送れるよう祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、マサッチです。 ロードバイク歴6年、年間走行距離12,000km。 その結果、国民体育大会への出場を達成。 経験を生かし、自転車を少しでも好きになってもらえるようにこのサイトを立ち上げました。 自転車は奥深く、乗れば乗るほど自分を成長させてくれます。 ロードバイクが初めての人にもわかりやすく、寄り添っていくのがこのサイトの目標です。 このサイトと共によりよい自転車ライフを送りませんか?