自転車保険は入るべき?義務化しつつある自転車保険の6つの補償内容

「自転車事故で人にケガをさせてしまったら5,000万円の賠償金?」

「最近自転車での事故が多発しているみたいだし、自転車保険入っとこうかなぁ~。」

あなたは自転車保険のことをどの程度知っていますか?

自転車での事故で1億円の賠償額が発生したケースも存在するくらい、自転車の事故は重大な問題なのです!

この記事では、自転車保険のわかりやすい説明と日本での自転車事故の現状、自転車保険に入るメリットもお伝えします。

最後にはおすすめの自転車保険をずばり紹介しますのでお見逃しなく。

みなさんも自転車保険に入り、安心で安全な自転車ライフを送りましょう!

1.自転車保険とは?自転車保険の6つの補償内容

彼女の孫娘が自転車に乗っているおばあちゃん Premium写真

自転車保険とは、個人賠償責任補償が特約で付く傷害保険または個人賠償責任保険のことで、自転車運転中のケガで入院・通院した場合の自身の補償と、相手にケガを負わせてしまった場合の損害賠償に備えられます。

「自転車保険」という呼び方は保険会社によって異なり、自転車事故以外の補償にも対応している場合があるのです!

例えばどんな場合に自転車保険が役に立つのかをここから紹介していきます。

1-1.自転車保険の補償内容

保険アイコンイラストを持っている人々のキャラクター 無料ベクター

先ほども説明した通り、自転車保険は自転車で事故を起こしてしまった場合の様々な損害に対する保険です。

例えば以下が自転車保険の補償内容となります。

  1. 相手方への損害賠償責任への補償
  2. 被保険者の死亡保険金
  3. 被保険者の治療費に関する給付金
  4. 示談交渉サービス
  5. ロードサービス
  6. 車両盗難特約

※上記の補償が受けられない保険・プランもあるので加入の際には補償内容を確認しましょう。

以上の7つをそれぞれ解説していきます。

補償内容①相手方への損害賠償責任への補償

破損企業のビジネススパイ違法概念 Premium写真

自転車保険の1つ目の補償内容は、相手方への損害賠償責任への補償です。

もしも自転車で相手方にケガをさせてしまった場合、個人賠償責任補償が適用され、相手方への損害賠償として賠償金が補償できます。

考えられるケースとしては以下です。

相手方への損害賠償で考えられる2つのケース
  • ロードバイクで時速30kmで細い道を走っているとき、脇道から子どもが飛び出してブレーキをかけたが間に合わず轢いてしまった。

  →轢いてしまった子どもは言語機能に後遺症が残り、3,000万円の損害賠償

  • ママチャリで買い物に出かけたとき、スーパーの前でおばあちゃんに衝突し、おばあちゃんは死亡。

  →死亡したおばあちゃんの遺族に対して、5,000万円の損害賠償

上記2ケースのいずれにせよ、多額の賠償のため自ら払うのは不可能ですよね。

そんなときのために、相手方への損害賠償責任への補償が受けられるように自転車保険には入っておきましょう!

補償内容②被保険者の死亡保険金

ビリードル。お金の背景 無料写真

自転車保険の2つ目の補償内容は、被保険者の死亡保険金です。

もしも自転車で事故を起こしてあなたが死亡してしまった場合、死亡保険金を受け取ることができます。

考えられるケースとしては以下です。

被保険者の死亡保険金
  • ロードバイクで山道をダウンヒルをしているとき、止まり切れずにガードレールにぶつかり死亡。

  →時速50km出ていたため、ブレーキをかけたが間に合わなかった

もしあなたが死んでしまった場合、家族に対して死亡保険金が受け取れます。

しかし、多くの場合はあまり高額ではないため、家族の生活保障として生命保険に入っておくことをおすすめします!

補償内容③被保険者の治療費に関する給付金

医師はスポーツマンを怪我する場所を示しています Premium写真

自転車保険の3つ目の補償内容は、被保険者の治療費に関する給付金です。

もしも自転車で事故を起こしてあなたがケガを負ってしまった場合、治療費に関する給付金が受け取れます。

考えられるケースとしては以下です。

被保険者の治療費に関する給付金
  • ロードバイクにあまり慣れておらず転倒し、手を地面についたはずみで手首が骨折。

  →全治3か月で週に2回の通院費

上記のケースでは3か月間も病院に通わないといけないため、想像以上に通院費がかかってしまうでしょう。

そんなときのために、治療費に関する給付金を受け取れるよう自転車保険には入っておきましょう!

補償内容④示談交渉サービス

ハンドシェイクビジネスマンコンセプト 無料写真

自転車保険の4つ目の補償内容は、示談交渉サービスです。

示談とは、交通事故の当事者が、過失割合と過失割合に基づくお互いの賠償金額について話し合い、主張を譲り合って合意すること。

被害者から損害賠償を請求される場合、あなた自身で解決しようとすると多くの時間や労力がかかるため、このような賠償問題の解決を、加害者である被保険者に代わって保険会社が交渉するサービスです。

考えられるケースとしては以下です。

被保険者の治療費に関する給付金
  • 見通しの悪い交差点で一時停止の看板があったにも関わらずあなたが交差点に進入してしまったため衝突し、お互い軽傷を負った。

  →あなたのロードバイクは時速35km、相手方のママチャリは時速10km程度であり、あなたの確認不足で事故を起こしたため、損害賠償を請求されてしまった。

上記ではこちら側の確認不足でかつ相手方よりも3倍以上速いスピードで走行していたため、損害賠償を請求されてしまったケースです。

そんなときに、保険会社が変わって交渉してくれるため、納得のいく結果になる可能性が高くなります。

事故を起こした場合に賠償問題を素早く解決するためにも、示談交渉サービスが付いている自転車保険に入っておきましょう!

補償内容⑤ロードサービス

笑顔で実業家のクローズアップ 無料写真

自転車保険の5つ目の補償内容は、ロードサービスです。

ロードサービスが付随している自転車保険は、突然のトラブルなどで自力で走行できなくなった場合、自転車を無料搬送してくれます。

考えられるケースとしては以下です。

ロードサービスが必要となる2つケース
  • 山奥にサイクリングに来ているときにタイヤが破裂してしまい、どうしようもない状況になってしまった。
  • なんらかのマシントラブルでロードバイクが動かなくなり、その場から動けなくなってしまった。

上記2つは、なんらかのトラブルで自転車が動かなくなり、その場から動けなくなったケースです。

自転車は、いつどこでなにが起こるかわかりません。

もしも再起不能になったときのために、ロードサービスが利用できる自転車保険に入っておきましょう!

補償内容⑥車両盗難特約

椅子に座って、暗い寝室で頭痛を抱えながら彼の額を保持している落ち込んでいる人 Premium写真

自転車保険の6つ目の補償内容は、車両盗難特約です。

もしもあなたの愛車が盗まれてしまった場合、保険金を受け取ることができる特約があります。

考えられるケースとしては以下です。

車両盗難特約
  • サイクリング中にコンビニに寄ってロードバイクを駐輪していたら、気付かないうちに盗まれてしまった。

  →盗まれたロードバイクの購入金額の80%が受け取れた。

  • 自宅のガレージに30万円のロードバイクを駐輪していたが、とある日見てみると盗まれていた。

  →盗まれたロードバイクの購入金額30万円を全額受け取れた。

補足
※支払われる割合は、保険やプランによって異なります。

上記2つのケースにせよ、いつどこでロードバイクが盗まれるかわかりません。

盗まれないように対策する必要はありますが、防ぎようのない場合に備えて自転車保険は入っておきましょう!

しかし、全ての自転車保険に車両盗難特約が付随しているわけではないので、保険の概要をよく確認してから加入することをおすすめします!

2.自転車保険の義務化が進んでいる20以上の自治体

日没時に自転車に乗っている男性のシルエットグループ。 Premium写真

「自転車保険の義務化ってどういうこと?」

そう思っていませんか?

実は、もうすでに20以上の自治体で自転車保険の義務化が進んでいるのです!

以下の画像をご覧ください。

出典:au損保 https://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/obligation/

上の画像を見てもわかる通り、全国各地で自転車保険の義務化が進んでいます。

努力義務の条例には自転車保険等に加入するよう「努めなければならない」とされています。

埼玉県と京都府は以前から「努力義務」の条例が制定されていましたが、2018年4月に「義務」へと変更されており、努力義務から義務へと段階的に引き上げられている地域も増えているのです!

2-1.なぜ自転車保険が義務化なのか?

自転車保険の義務化のきっかけは、自転車事故による高額な賠償請求が起きたことにあります。

2008年に神戸で発生した事故では、当時小学5年生の男の子が、自転車に乗っているときに女性に衝突し、女性は頭蓋骨を骨折し、意識不明の重体となってしまいました。

その後2013年に裁判で男児の保護者に対して約9,500万円もの判決が命じられたのです。

この重大な事故を受けて、兵庫県では2015年に国内で初めて自転車保険の義務化の条例が制定されました。

2-2.自転車保険に加入しないと罰則がある?

自転車保険への加入を義務化した地域でも罰則規定はありません。

しかし、罰則がないからと言って入らなくても良いというわけではありません。

先ほど兵庫県神戸市の自転車事故事例でも挙げたように、あなたが起こした事故で高額な損害賠償請求が起こることもありえます。

この後紹介する自転車事故の賠償事例でもわかる通り、いつどこで重大な事故が起こってもおかしくないのです。

3.自転車事故の5つの高額賠償事例

木製の机の上に文書をチェックしている裁判官 無料写真

「よほどの事故じゃない限り高額な賠償請求は起こらないでしょ…」

そう思っていませんか?

実は自転車事故での高額賠償事例は意外に多くあります。

これから紹介する4つの高額賠償事例は、一般社団法人日本損害保険協会から引用し紹介します。

判決認容額(※)事故の概要
9,521万円男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。
女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。
( 神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決)
9,266万円男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。
男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。
(東京地方裁判所、平成20(2008)年6月5日判決)
6,779万円男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。
女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成15(2003)年9月30日判決)
5,438万円男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。
女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成19(2007)年4月11日判決)
4,746万円男性が昼間、赤信号を無視して交差点を直進し、青信号で横断歩道を歩行中の女性(75歳)に衝突。
女性は脳挫傷等で5日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成26(2014)年1月28日判決)

出典:一般社団法人日本損害保険協会 http://www.sonpo.or.jp/efforts/reduction/jitensya/

(※)判決認容額とは、上記裁判における判決文で加害者が支払いを命じられた金額です(金額は概算額)。上記裁判後の上訴等により、加害者が実際に支払う金額とは異なる可能性があります。

自転車事故でも被害の大きさにより数千万円の賠償金を支払わなくてはならない場合もあり、この賠償責任は、未成年といえ責任を免れることはできません。

4.日本での自転車事故の現状

日本での自転車保有台数は年々増加傾向にある一方、自転車事故は平成16年以降減少しているのです。

これは自転車保有者の乗車マナーが向上したことや、自転車道と車道が別々に区切られた道路が増えた影響と見られます。

出典:警察庁 https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/anzenundou/jitennsyajikobunnseki.pdf

しかし、上記の画像を見てもわかる通り、65歳以上の自転車事故が横ばいになりつつあります。

将来的に高齢者が加害者になるだけでなく、高齢者との衝突でケガをさせてしまったり、高齢者の危険運転が原因で事故に巻き込まれてしまう可能性も大いにあるでしょう。

グラフを見て決して安心はせず、我々は日頃危険と隣り合わせであることを自覚して自転車に乗車しましょうね!

5.自転車保険に入る3つのメリット

自転車に乗って朝のロードバイクに乗る Premium写真

「自転車保険の加入義務化自治体に住んでいるけど、正直自転車保険に入るメリットがわからないから入りたくない…」

「お金を払ってまで自転車の保険に入ろうと思わない!」

そう思っている方がほとんどだと思います。

これまでは自転車保険の概要や、自転車保険に入らなかった場合のリスクについて紹介しましたが、ここからは自転車保険に入るとどんなメリットがあるのかを説明していきます。

  1. 万一の補償ができる
  2. 高額の賠償を保険で対応できる
  3. 安心して自転車移動ができる

これら3つのメリットを順に見ていきましょう。

メリット1.万一の補償ができる

屋外で自転車に乗る自転車のペダルに男性のサイクリストの足 無料写真

自転車保険に入る1つ目のメリットは、万一の補償ができることです。

いつどこでどんな風に事故が起こるかは誰も予想できません。

しかし、そんなときのために自転車保険に入っておくことでもしもの補償が適用できるのです。

自転車事故が起こるパターンとして挙げられるのは以下の6つ。

自転車事故として多いパターン
  • 急な進路変更など安全不確認による安全運転義務違反
  • 一時不停止
  • 交差点進行義務違反
  • 信号無視
  • 右側通行など通行区分違反
  • 歩道上での歩行者との接触など優先通行妨害

あなたは上記6つの違反ケースを普段行っていませんか?

もちろん保険に入っていなくても自転車走行での安全に最大限気を配る必要はあります。

しかし、自転車保険に入っている場合、これらが原因で事故が起こった場合も保険で補償されることになります。

それらは、先ほど紹介した高額賠償に限らず、小さな事故での軽傷にも適用されますよ!

メリット2.高額の賠償を保険で対応できる

銀行と貯金copyspace背景アイデアコンセプト。 無料写真

自転車保険に入る2つ目のメリットは、高額な賠償を保険で対応できることです。

先ほどの「3.自転車事故の5つの高額賠償事例」でも紹介した通り、自転車事故で高額な損害賠償請求が起こる可能性は十分にありえます。

2013年7月4日に神戸地方裁判所で判決が下った約9,500万円の賠償事例のように、1億円の損害賠償が請求されるケースもあるため、自転車保険に入っておくことは必須と言えますね。

ただ、保険に入っているからと言って安心するのは良いですが、危険運転や軽い気持ちで自転車走行はしないようにしましょう。

メリット3.安心して自転車移動ができる

サイクリスト男レーシングバイクアウトドア 無料写真

自転車保険に入る3つ目のメリットは、安心して自転車移動ができることです。

「事故しても大丈夫」という安心ではなく、「保険に入っているからこそ意識して走行ができる」安心感です。

自転車保険に入ることで、自転車走行に対する心持ちは少なくとも向上するでしょう。

また、先ほど「1.自転車保険とは?自転車保険の6つの補償内容」で紹介したように、自転車保険にはロードサービスが受けられる保険もあります。

初めてロードバイクに乗る人でも、パンクやマシントラブルに気を取られずにサイクリングができますよ!

余計な心配をしてサイクリングに支障をきたすくらいであれば、自転車保険に入っておきべきでしょう!

6.おすすめの自転車保険『ZuttoRide CycleCall』

ZuttoRide CycleCall

おすすめの自転車保険は、ZuttoRide『CycleCall』です。

ZuttoRideの『CycleCall』は、外出先での事故・故障など急なトラブルに対応する「自転車ロードサービス」です。

大きくわけて2つの充実したサービスと補償内容がありますよ!

1つ目は、最大1億円の安心補償がある自転車賠償責任保険。

自転車搭乗中に生じた対人・対物賠償の補償はもちろん、「自転車保険の加入義務化」にも備えることができます。

例えば、人や他の自転車などに接触しケガを負わせた場合や、自動車や他人の物に接触し破損させた場合にも対応してくれます。

また、事故後のトラブルも安心の示談交渉サービスが付いているため、賠償責任に関わる事故の加害者となった場合に、あなたに代わって相手側と解決に向けて交渉を行ってくれますよ!

2つ目は、外出先での急なトラブルに対応してくれる自転車ロードサービス。

事故や故障により自力走行ができなくなった場合に、スタッフがトラブルに遭ったあなたのもとへ駆けつけ、自転車店や自宅など希望の場所まで自転車を無料搬送してくれます!

例えば、サイクリング中のタイヤのパンクや事故による車体・パーツの破損、電動アシスト自転車のバッテリー切れまで対応してくれるのです!

年4回で最大100kmまで搬送してくれるのでロードバイクに乗っている人なら必須の自転車保険ですね!

その他にも、ZuttoRideの『CycleCall』をおすすめしたい4つのポイントがあります。

『ZuttoRide CycleCall』のおすすめ4ポイント
  1. 24時間365日受付のコールセンター完備
  2. ロードサービス20年以上の実績で全国1万拠点以上のサービス網
  3. 年齢・国籍制限なしでどなたでも加入可能
  4. プランSなら月々換算約283円からでとてもリーズナブルな年会費

これだけ自転車に乗っている人に寄り添った自転車の保険はないでしょう!

ロードバイクに乗っている人に限らず、自転車を持っている人なら全員が全員おすすめの自転車保険です!

プランSML
自転車ロードサービス
無料搬送(年4回)
1回/50kmまで

無料搬送(年4回)
1回/60kmまで

無料搬送(年4回)
1回/100kmまで
自転車賠償責任保険
最大1億円

最大1億円
示談サービス
年会費3,400円(税込)4,300円(税込)5,200円(税込)
月々換算(約)283円358円433円

7.まとめ

今回は、自転車保険の概要と日本での自転車事故の現状、自転車保険に入るメリットをお伝えしました。

自転車は一家に一台は必ずあって手軽に乗れますが、その分危険も常に隣り合わせです。

この記事で学んだことを活かして、自転車事故への見方を改めましょう。

保険に入る入らないに限らず、あなたが事故をせず楽しい安心で安全な自転車ライフを送れることを祈っています。

ぜひシェアをお願いします!

2 件のコメント

  • コメントありがとうございます。
    特にメカトラブルが付き物のスポーツバイクに乗る人にとって、ロードサービスが付随している自転車の専用保険はありがたいですよね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、マサッチです。 ロードバイク歴6年、年間走行距離12,000km。 その結果、国民体育大会への出場を達成。 経験を生かし、自転車を少しでも好きになってもらえるようにこのサイトを立ち上げました。 自転車は奥深く、乗れば乗るほど自分を成長させてくれます。 ロードバイクが初めての人にもわかりやすく、寄り添っていくのがこのサイトの目標です。 このサイトと共によりよい自転車ライフを送りませんか!